インド帰り

f0044761_10571266.jpg
ご報告が遅くなりましたが、父息子、インド西部より無事に帰国致しました。

結構前に帰ってきていたのですが、父親が帰国と同時に、下痢による体調不良。
(これが、帰国後で良かった〜、相当ヘビーな菌だったのか寝込んでしまった。
おー、おそるべしインドさん)
写真やら報告やらがあまり聞けないまま時間が経ってしまい、「えぇ〜〜」
な感じでしたが、ようやく落ち着き、仕事も落ち着きやっとご報告です。

7歳でインドに行った息子さんは、一度もホームシックにならないまま帰国。
翌日から、普段通りに小学校へ行き帰宅と同時にランドセルを置いて、友人宅
へ行ってしまいました。。。
インドに着いた時も、緊張らしいものは無かったようで、順応性の高さに感服!
しかも、相当なバックパッカー旅行だったようで(旅前に詳しいことはほとんど
聞いていなかった!)ホテルに泊まったのはわずかで、砂漠に2泊(テントも無く
ブランケットを敷くだけ)、ホテルの屋上にテント張ってもらって1泊・・
寝台車に3泊。しかも2回は2等車で、席にも人人人!床にも人!皆ちじこまって
ギュウギュウに寝ている(もちろん見る限り全てインド人)の中で、爆睡して
いる息子の写真には「すっげ〜〜」と感心しました。
個室の寝台車に寝た時はすごく感動していたとのこと。。。そりゃそうだ。
しかも、インドに着いたその日に寝台車での移動。
夜中の3時に着いて、駅でチャイを飲んで過ごしたそうです。。
すごいよあなた達。。。

これが海外旅行だと疑うことも無く順応している息子は、もう、どこの国でも
大丈夫そうです。

そんなこんなで、旅らしい旅を満喫し、砂漠キャンプを楽しんで帰ってきたら
焼けて黒くなって、ずいぶんと精悍な顔つきになった・・・ような気がした。
が、お風呂に入ったら白くなっちゃっいました(笑)
頬をすっかりピンクにして出てきました。。。

とにかく、すっかり満足した息子はもう心残りも無いようで、特にインドを
懐かしがることも、面白がることも無く、促されれば話してくれますが、
日本での日常を生きることに専念しているようです。
切り替えっていうか、なんていうか。。
・・・今を生きる息子です。

父親の方には、「150%満喫できた」「人生の中で記憶に残る数日だった」と、
病床で語って頂きました。

7歳児は、次はアフリカに行きたいと切望している。

しかし、息子よ。
順番から言うと、次は母ですよ。
ふっふっふっ。


f0044761_10574258.jpgオアシスに集まる砂漠の人々
女性達の色とりどりのきれいな衣装










f0044761_1185645.jpg水汲みの女性達。












f0044761_10582122.jpgここはblue cityと呼ばれる
青い街











f0044761_10583521.jpgここはー、どこって言ってたかな。。。
田舎の角でゾウと。
[PR]
by mishim | 2010-03-25 11:23 | 日記
<< ワークショップやりますっ! ありがとうございました! >>