陶芸工房potierで、part3

人気があるのかないのか分からないが、当人はこの製作日記を、実はとても気にいっている。HPでは説明しきれない事や、1つ1つ、丁寧に作っている事が少しでもつたわるといいな〜と、思いつつ続けています。是非、よしなに〜。

今回は「ろくろ挽きの巻〜」です。本当はpart1で紹介する工程なのですが、写真が撮れていなかった為に、ここで登場となりました。

「ろくろ」とは、本来回転式の作業台の事で、ろくろを使って形を作り出していく作業の事を「挽き」といいます。お盆とか、お椀とかも「ろくろ挽き」ですね。
これが本当に、あら不思議!なんです。力をこめてコネコネした土の固まりが、手でウニウニされているうちに、あっというまにコップやお皿になっていくのです。まるで錬金術を見るようです!
ちなみに私はこの作業を見る時、必ずといっていい程、頭に映画「ゴースト」の音楽が流れてます。(全部見た事ないけど。そして古い・・・)

f0044761_322167.jpgf0044761_323744.jpgf0044761_324963.jpg







1.土を円柱状に。    2.頭を平にし    3.親指で口の部分を開ける。


f0044761_353160.jpgf0044761_36523.jpgf0044761_37692.jpg







4.厚みを薄くする。   5.ヘラで底を平に。  6.形が出来ました。

f0044761_372697.jpgf0044761_37502.jpgf0044761_38372.jpg







7.糸で口をcut。    8.底もひもでcut。   9.ろくろ挽きは終了!

そうそう、お待たせしていたsold outの商品が入庫しました!!
HPには明日のせまーす。
一度に沢山は焼けない為、またすぐにsold outしてしまうかもしれませんが
その時は諦めずに予約!してくださいね!


陶芸工房potier:http://www.tougei-potier.jp/miya-index.html

陶芸教室ポティエ:http://www.tougei-potier.jp
[PR]
# by mishim | 2006-02-07 03:37 | 陶器製作日記

パパパン!アヤパン?!

f0044761_371429.jpg

私のいとこのアヤコさんは、パンを焼くのがとっても上手です。
この頃「私、パン焼くの趣味なの〜♪」的な発言を良く耳にしますが、実際に食べてみて、本当に「おいし〜!!」と思ったのは、彼女のパンだけです。
写真のようにバスケットに入れてくれたり、包装紙が可愛かったりと、そんな心遣いにもいつも感心させられます。
お尻に火がついているかのごとく、そわそわ落ち着かない上にボケボケで、ダサイ私とくらべると、本当に血縁か?!と思える程落ち着いていて、穏やかな人なのです。だからきっとパンもしっとり、優しいのねー。
f0044761_315591.jpg


mishimのお皿に載せて遅めの朝食です。
アヤコさんはmishimのお手伝いもしてくださってます。ありがと〜!
[PR]
# by mishim | 2006-02-03 04:21 | 日記

陶芸工房potierで、part2

今日も陶芸工房potierで製作作業。そこで製作日記part2です。今日は写真に作家の手塚美弥が載っていませんが、先日のブログの写真にイチャモンをつけて来たので、載せてやるのをやめました。はははん!
と、そんな事はいいのです。今日は先日の陶器の削り作業の続きをお見せします。

f0044761_0241943.jpg削り終わって形が出来たものに、デザインによって器の外側や内側に白化粧を刷毛で塗ります。
この作業で、mishimの特徴の1つである、「内側と外側の土の色がほのかに違う」器が出来ます。これも、トプンッ、と化粧土の液体の中に浸けてしまうと簡単なのですが、それでは化粧土の厚みが出て、ひび割れが出たり、かっこわるかったりするので、手間のかかる刷毛塗にしています。ここでまた(土が水分を含んで弱くなっているので)、半乾燥させます。


f0044761_0403355.jpg次にようやく柄絵付けです。いろんな手法でやっていますが、先ずは、写真のように化粧土の上から線を描く方法です。これは、色の違う土がニ層になっている事を利用したもので、線をニードルで引っかく事で、下の土の色を出して柄を見せているのです。
柄は1つ1つ型をあてて線を引っかいていきます。アナログ〜!!でもだから1つずつ微妙にちがうのです。そこが魅力ですねー。





f0044761_0594232.jpg上の作業に、さらに削るという作業をプラスしたのが、oiseau,x plate-C です。写真のように、引っかいた線の内側の化粧土を削り取っていきます。(とても面倒なんですね〜これが!)そのため、釉薬がかかった後でも、ゆる〜い凹凸が触るとわかります。
同じ作業ですが、とても小さいのが下の写真です。またちょっと印象がちがいます。
f0044761_1135691.jpg
と、柄絵付けを2種類紹介しましたー。
今日はこれまでにします。続きはpart3で!







陶芸工房potier:http://www.tougei-potier.jp/miya-index.html

陶芸教室ポティエ:http://www.tougei-potier.jp
[PR]
# by mishim | 2006-01-26 01:19 | 陶器製作日記

読みます??

すっかり忘れてました。profile 。
これがとても苦手です、人に自分を紹介する事程難しい事ってない!!
自分でもよくわからないのになぁ〜。と、何となく避けていたのですがこれは避けて通るわけにはいかない!と一念発起でブログを立ち上げたのに、肝心のprofile を忘れていた・・・。

f0044761_0465586.jpgへへ。ほとんど自分の写真が無い中で使えそうなたった一枚の写真。ちょっと気取ってます。
わからないと言えばそれまでですが、知らないほうが良い事だって・・・。

1972. 6. 5 ひろしさんとのぶこさんの3番目の子供として産まれました。
母のぶこさんは、洋裁、お菓子づくり、画を書いたり、全てとても上手でした。
私が小学校3年生の時に、父ひろしさんが設計した自宅に引っ越し。とてもすてきなお家でした。
この2つの事はのちの私の人生の選択に大きな影響を及ぼしていると思います。
結局その影響から逃れられる事は無く、一浪の末(この時についたあだ名「どっひー」が定着)多摩美術大学のインテリア専攻を一留年してから卒業。東京芸術大学大学院立体デザイン科修了。
その後フラフラしたあと(株)IDEEに入る。2年後妊娠発覚と同時に退社。
懐のふか〜〜〜いパートナー氏と結婚。長男出産。フリーランスでしばらく働いた後、mishim立ち上げ!!!現在に至ります。
かなり歪んでいた性格は、パートナー氏との付き合い、IDEEとの出会い、子供の誕生によって、かなりの修正が出来たと思っています。人生はなんとまあ、驚きと発見にみちているのでしょう!ということで、これからも日々凹んだり喜んだりしながら、タラタラ歩いていきますので、優しく(打たれ弱いので)見守ってください。

ダラダラ書いてしまいました・・・。こんなオーナーです・・。
[PR]
# by mishim | 2006-01-23 01:25 | my profile

陶芸工房potierで、part1

f0044761_21391865.jpg先週木曜、金曜と陶芸工房potierへ製作作業に行きましたー。
mishimの陶器製作を一手に引受けてくださっている、工房で、主宰は作家の手塚美弥さんです。何を隠そう、彼女とは18の頃からの付合いで、もはや隠せる事など何も無い!といった関係です。
まさに彼女との二人三脚でmishim ceramicは誕生したのです。
漸く商品として成り立つものが出来たのも、陶芸などド素人だった私を支え、指導しながら進めてくれた彼女のおかげでしょう。感謝してもしきれません。ありがとう〜!

f0044761_21442119.jpgこれはすでに、ろくろで形を作り出した状態。この状態で一度半乾きさせます。内側の形はこのろくろ作業で出来上ります。外側の完成の形を想像しながらの手作業なのです!これはやはり経験がものを言う工程だと思います。



f0044761_21563630.jpg上記の次の工程が、またろくろを使っての削り出しです。先程作ったものの外側を、デザインの型紙に合わせて削っていくのですが、内側の形がしっかりできていないと、厚みが薄すぎたり、厚くなってしまったりします。手作業って本当に大変!!というか、技と言うのはこういうものなんでしょうね〜。すごいなー。

この後も山のような作業がありますが、それはpart2,3でまた報告しますので、お楽しみにー!!!



陶芸工房potier:http://www.tougei-potier.jp/miya-index.html

陶芸教室ポティエ:http://www.tougei-potier.jp
[PR]
# by mishim | 2006-01-22 22:15 | 陶器製作日記

鉄マニア?agariさんに行ってきました。

f0044761_15392054.jpgagariさんは、mishimのイスとデスクの脚をお願いしている鉄の工房です。

私とはidee時代の先輩後輩の仲で、mishim以外にも沢山いろんな事をお願いしては、困らせている人です。「出来ない」って言わない男気のある兄貴!なんです。

そんなagariの兄貴がいる工房にお邪魔しました。「顔はやめて〜〜!」という兄貴にカメラを向け続ける私でした。


f0044761_15404112.jpgこれは加工に使う鉄の棒をグラインダーでカットしている所。

火花が沢山散ってきれい。









f0044761_15484993.jpgこれは鉄を溶接、と言うガスをつかって鉄を溶かしてくっつける、という作業です。
この作業がどれだけきれいにできるかで商品の上がり具合も決まってきますし、しっかりとくっついていないと、強度が弱くなります。
このあと削ってきれいにできるところは、グラインダーをつかってきれいにします。

こうした作業を(もっと沢山の工程があります)繰り返しながら形が出来上ります。
すごいなーーー

mishimの商品も試作品を何台も作ってくださり、それを見ながらまたこうでもない、ああでもないと繰返しようやく出来上ったのです。
イスもデスクも脚って、パーツっていうイメージが強くてあまり目立ちませんが、この目立たない部分に徹底してこだわっている所がmishimの神髄!!
強度とバランスの問題、組立可能にする為の手のこんだ作業等、agariさんの協力なしでは出来上らなかったと思います。

兄貴!これからも宜しくお願いします!

agari : http://modern-mp.com/profile
[PR]
# by mishim | 2006-01-17 15:29 | 家具職人さん

こんにちは

こんにちは。オリジナル家具、雑貨のnet shop mishimのオーナーです。
ここではmishimの製作日記、趣味や子育て等のことを中心に、お気に入りのお店の紹介やmishimの商品等を紹介していきたいなーっと思っております。


f0044761_14156.jpg



mishim : http://www.mishim.com
[PR]
# by mishim | 2006-01-17 01:05 | 日記